[津田彷徨] 司書と王女の世界大戦 アイリス王国再興記

[津田彷徨] 司書と王女の世界大戦 アイリス王国再興記

かつて、アルビオン大陸全土を支配せんとする巨大な帝国があった。魔法士弾圧を始めとする様々な圧政により虐げられた諸国は、団結してこれに立ち向かい、数多の激戦が繰り広げられた。一連の戦いは、帝国征伐に多大な貢献を果たした神器を操る七人の英雄と、彼らを擁する七大国家を称え、後に『英雄戦争』と呼ばれるようになつた。―そう、表向きは。輝かしい歴史の裏で、何者かの手により暗殺されかけた「八人目」の英雄…セナ・マクルート。英雄戦争の裏に秘められた真実に気づいた彼は、辺境の弱小国家・ダグラスに身を寄せ、仮初の平和の裏で覇権争いに蠢く七カ国を相手に、新たなる戦いを画策する。これは、存在を消され全てを失った英雄が、その智謀を持って最速で歴史を塗り替える物語。

Download/ダウンロード/下载

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *