[古池ねじ] 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

[古池ねじ] 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

文筆家の島田ゆすらは、偶然出会った木崎修吾と電撃結婚した。著名な作家を父に持つゆすらは、本人の意思とは関係なく期待を掛けられている。修吾はいつものように「よくわからないけれど面白かったですよ」と小説の感想を述べ、ゆすらのために美味しいご飯をつくる。甘めの角煮、おやつのスコーン、朝には菜飯のおむすびを―。それを二人で美味しくいただくのだ。父の残した陽当たりのいい、この家で。寄り添い合う新米夫婦の、ゆったり成長ものがたり。

Download/ダウンロード/下载

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *