[タニス・リー] 鏡の森

雪のごとく白い肌、森のごとく黒い髪、血のごとく赤い唇―美しい森の城の王女アルパツィアは、十四歳になった冬、城を襲った征服王ドラコによって連れ去られ、陵辱される。ドラコの王妃となった彼女は、「豊穣の女神デメトラの土地」と呼ばれるベルグラ・デミトゥで、敵に囲まれ心を閉ざしたまま、一人の赤ん坊を産み落とす。コイラと名づけられ、乳母に育てられた赤ん坊は、七歳になったある日、城で時折見かける氷のように美しく冷たい女が、自分の母であることを知るのだが―。さまざまな物語要素がまるで鏡のように乱反射し、紡ぎ出されるタニス・リーならではの美しくダークなエロティック・ファンタジー。愛を求めてさまよう二人の「白雪姫」の物語。

Download/ダウンロード/下载

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *